オカメインコの飼い方!性格と値段をしらべてみた

オカメインコは中型のインコ。実はオウムの仲間です。

頭につんと立っている冠羽と、頬っぺた(実際には耳)にチークパッチがあります。

オカメインコはどんな鳥?

オカメインコはオウムの仲間で、インコのようなカラフルな羽色はありません。

原種の羽色はグレーで、顔の部分は黄色、そしてオレンジのチークパッチは入ります。

長い冠羽と尾羽のおかげか、全体的にすらりとした印象をしています。

 

オカメインコの基本データ
分類 オウム科オカメインコ属
生息地 オーストラリア内陸部
体長 30cm~40cm
体重 80g~120g
値段 12000円(ノーマル)~20000円(色変わり)~)

オカメインコの性格

オカメインコの性格

  • とても温和で平和的
  • 素直で疑うことを知らない
  • 愛情が豊か
  • メスはクール
  • きわめて臆病…など

きわめて臆病な性格で、夜中の物音で「オカメパニック」を起こすことも。

でも飛翔能力が高くオーストラリアでは最速の鳥。放鳥時には注意しよう!

モノマネはあまり得意ではなく、2~3個の単語をしゃべる程度。

オカメインコの羽色のバリエーション

オカメインコにはセキセイのようなカラフルな色はありません。

グレーの色素の濃淡と、イエロー系の色素によって羽色決まります。

 

羽色のバリエーション
ノーマルグレー 原種のグレー
ルチノー グレー色素がきわめて薄いクリーム色
アルビノ 色素がなく全身白色。瞳は赤色。
シナモン 茶色がかったグレー
ファロー シナモンが薄くなったもの
ホワイトファロー 白色に近いファロー
シルバー 明るいグレー

色変わり種の中で、とくに人気が高いのはホワイトファローです。

オカメインコの飼い方

オカメインコは尾羽が長いので、大きめのケージを用意してあげましょう。

尾羽の先がケージの底に触れない程度の、高さがあるケージが必要です。

単独飼いでもよいですし、平和主義なので複数回でもOKです。

他の種類のインコと一緒に飼うときは、オカメがいじめられないように注意してあげましょう。

オカメインコの脂粉について

オカメインコは、他のインコよりも脂粉というフケのようなものが多く出ます。

羽をブルっと震わせると粉が飛び散りますが、これは健康な証拠です。

オカメインコのエサ

主食は混合シードか、オカメ用のペレットを共に与えるのが理想的です

シードしか食べないときは、青菜とボレー粉で栄養を補っうようにします。

オヤツにはヒマワリの種や麻の実が大好物ですが、与え過ぎには注意しましょう

ヒマワリの種なら1日10粒くらいで十分です。

スポンサーリンク

パニックになったときの対処

オカメインコは極めて臆病なので、夜中の物音でオカメパシックになるときがあります。

このとき、いきなり電気をつけるのは、逆にインコを驚かせてしまう場合があります。

少し離れた場所から、やさしく声をかけてあげるのがよいでしょう。

 

インコがある程度落ち着いてきたら、怪我をしてないかどうか確認しましょう。

なぜオカメインコが大パニックを起こすのか、実のところはわかっていません。

まとめ

オカメインコは中型の手乗りインコの代表的な存在。

羽色のバリエーションが多く、コンパニオンバードとして高い人気があります。

オカメパニックになったとき、慌てて駆け寄るのはNGと覚えておきましょう。

 
オカメインコのクリッピングの方法と3つの注意点

スポンサーリンク



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です