【一覧】インコの種類!性格と値段をしらべてみた

インコのこと

羽毛もカラフルですが、性格も色いろ! 今回ポピュラーな種類(品種)についてまとめてみました。

スポンサーリンク

インコの種類と性格と値段について

現在インコ(オウム)の仲間は約350種あまりいるといわれていて、インコ目 (オウム目) は、鳥類の中で最後に分化した比較的に新しいグループ。ですので非常に情が豊かで頭がいいのです。

小型のインコ

手乗りインコとして比較的飼いやすい品種を紹介しています。ちなみに小型インコの平均寿命は10~15年です。

セキセイインコ

もっとも馴染み深いインコといえば、この『セキセイインコ』じゃないでしょうか。和名では『背黄青せきせい』と書き、青・緑・黄色を基調とした美しい羽色が特徴的です。人によく慣れるので、手乗りインコの代表格ともいえますね。

セキセイインコの特徴

  • 生息地:オーストラリア
  • 性格:人懐っこい・クールな面がある・気分屋…など
  • 全長:20cm前後(頭~尾羽の先まで)
  • 寿命:8~15年
  • 値段:ノーマルなら2,500円~|色変わりなら5,000円~
人気カラーは「パステルレインボー」

コザクラインコ

コザクラインコボタンインコの仲間で、ボタンインコの仲間は通称『ラブバード』の愛称で呼ばれています。その名のとおり、飼い主と濃ゆい関係を築きます。

コザクラインコの特徴

  • 生息地:アンゴラ、ナミビア(アフリカ中南西部)
  • 性格:甘えん坊・好奇心旺盛・やや神経質…など
  • 全長:17cm前後(頭~尾羽の先まで)
  • 寿命:10~15年
  • 値段:ノーマルは7,000円~|色代わりは12,000円~
頭部やクチバシが大きく噛む力が強い。噛む力は中型インコ並なので要注意。

ボタンインコ

コザクラインコと体形が似ていますが、コザクラよりやや小型です。ボタンインコの仲間は目の周囲が白いのが特徴で『裸眼輪らがんりん』と呼ばれています。クリクリとした愛らしい瞳になっていますね。

ボタンインコの基本データ

  • 生息地:タンザニア、ザンビア(アフリカ東部~南部)
  • 性格:コザクラインコよりもドライでクールな面があるようです
  • 全長:17cm前後(頭~尾羽の先まで)
  • 寿命:10~15年
  • 値段:8,000円~
小型でも噛む力は中型インコ並なので要注意。

マメルリハ

豆瑠璃羽マメルリハと書きます。その名のとおりノーマルの羽色はグリーン系です。その他のバリエーションとして、ブルー・イエロー・ルチノー・アルビノがいます。

ボタンインコの特徴

  • 生息地:エクアドル・ペルーなどの南米太平洋沿岸
  • 性格:好奇心旺盛・活発・気が強い面がある
  • 全長:12cm前後(頭~尾羽の先まで)
  • 寿命:10~15年
  • 値段:20,000円~
小さいわりに大食

サザナミインコ

羽色はグリーンがノーマルですが、特に色変わりのブルー系が人気です。尾羽が短いせいかコロッとしていて、前のめりのように歩くのが特徴的です。

サザナミインコの特徴

  • 生息地:中米~南米(山岳地帯)
  • 性格:温和でのんびり屋
  • 全長:15cm前後(頭~尾羽の先まで)
  • 寿命:10~15年
  • 値段:20,000円~
多産系で、一度に5個以上の卵を産むことも

アキクサインコ

ノーマルはグレーで胸部が薄い緋色、上の画像はローズという色変わりです。鳴き声は小さく、スズメのようなカワイイ声が特徴です。

アキクサインコの特徴

  • 生息地:オーストラリア中部・西部
  • 性格:おとなしい・臆病・スキンシップが苦手
  • 全長:20cm前後(頭~尾羽の先まで)
  • 寿命:10~15年
  • 値段:20,000円~
飼い主にベタベタしないので、お留守番に強いタイプ。:尾羽が長いので高さのあるケージが必要。

キキョウインコ

キキョウインコの仲間は細くて長い尾羽を持ち、スマートな体形が特徴。胸元の羽色が緋色(オレンジ)なのがヒムネキキョウインコです。

キキョウインコの特徴

  • 生息地:オーストラリア東南部
  • 性格:おとなしい・やや神経質
  • 全長:20cm前後(頭~尾羽の先まで)
  • 寿命:10~15年
  • 値段:20,000円~
午前中よりも、夕方近くに活動的になる傾向があります。寒さや寒暖差が苦手なので、温度管理はしっかりと!

中型のインコ

中型のインコでは個性的な品種が多く存在感も増してきます。平均寿命は15~20年くらいになります。

オカメインコ

最もポピュラーな中型インコといえばオカメインコじゃないでしょうか。頭にある冠羽かんうと長い尾羽が美しい品種で、実はオウムの仲間になります。

オカメインコの特徴

  • 生息地:オーストラリア内陸部
  • 性格:温和でおとなしい・人懐こい・きわめて臆病
  • 全長:30~35cm前後(頭~尾羽の先まで)
  • 寿命:15~20年
  • 値段:ノーマルは13,000円~|色変わりは20,000円~
よく人に慣れるので、コンパニオンバードにピッタリです。きわめて臆病なので、夜中にオカメパニックを起こすことも

ゴシキセイカイインコ

五色青海ゴシキセイカイインコ』と表現されているように、色とりどりの鮮やかな羽毛が特徴です。一般的に緑色のボディを基調に、くちばしは緋色、顔は青色、首後は黄色、胸は橙色、腹は青色です。

このインコには20種以上のカラーバリエーションがあり、胸部の縞模様は個体によって差があります。

ゴシキセイガイインコの特徴

  • 生息地:東南アジア、ニューギニア、オーストラリア
  • 性格:人なつこく、遊ぶことが大好き、社交的
  • 全長:25~30cm前後(頭~尾羽の先まで)
  • 寿命:15~20年
  • 値段:100,000円~
一般的な中型インコと違って、穀物よりも果物や野菜を多めにした食事を好みます。水浴びが大好きなので、いつでも水浴びできるように準備してあげるとよいです。
大きく甲高い声なので、飼育環境に注意が必要。

ナナクサインコ

色鮮やかなインコで、頭部とクチバシがやや小さめなのが特徴的。レッド、ルチノー、シナモン、パステルなど多くの色変わりがあります。

ナナクサインコの特徴

  • 生息地:オーストラリア・タスマニア
  • 性格:臆病・やや神経質
  • 全長:30~35cm前後(頭~尾羽の先まで)
  • 寿命:15~20年
  • 値段:ノーマルは60,000円~
寒さに強く、比較的丈夫で飼いやすい品種です。神経質な面があるので、落ち着いた環境を好みます。

ビセイインコ

美声のインコ。鈴のように美しくさえずります(ただしオス)。メスの羽色は地味なグレー系なので、性別が見分けやすいのも特徴です。ルチノー、ブルー、パイドといったカラーバリエーションがあります。

ビセイインコの特徴

  • 生息地:オーストラリアの草原地帯
  • 性格:臆病・やや神経質
  • 全長:27cm前後(頭~尾羽の先まで)
  • 寿命:15~20年
  • 値段:ノーマルは14,000円~|色変わりは25,000円~
基本的に鳴き声を楽しむ観賞用のインコです。スキンシップは苦手。

コセイインコ

緑色のボディとプラム(すもも)のような赤い色の頭が特徴。成鳥になると頭が濃いピンクになるのがオス、グレーなのがメス。見た目で性別が分かる数少ない品種ですね。

コセイインコの特徴

  • 生息地:パキスタン・インド・セイロン島
  • 性格:温和・人懐こい
  • 全長:35~38cm前後(頭~尾羽の先まで)
  • 寿命:15~20年
  • 値段:35,000円~
頭が濃いピンク色になるまで約3年かかります。

ナナイロメキシコインコ

クサビオインコ属には『ナナイロメキシコインコ』を合わせて25種類の仲間がいます。この仲間は陽気なものが多く、また知能が高いといわれています。

コンパニオンバードとして知られているコガネメキシコインコもこの仲間ですね。

ナナイロメキシコインコの特徴

  • 生息地:南アメリカ
  • 性格:陽気・活発・頭がよい
  • 全長:30cm前後(頭~尾羽の先まで)
  • 寿命:15~20年
  • 値段:70,000円~
クサビオインコ属の仲間は鳴き声がとても大きいで、飼育環境には配慮が必要。

アケボノインコ

青色の頭と緑色のボディ、白い縁取ふちどりの大きな黒目が特徴です。中型インコの中では鳴き声が小さく、それほど噛む力も強くありません。

アケボノインコの基本データ

  • 生息地:中南米
  • 性格:おだやか・おとなしい・甘えん坊
  • 全長:38cm前後(頭~尾羽の先まで)
  • 寿命:15~20年
  • 値段:230,000円~
性格は個体差によるところが大きいようです。太りやすいので、低カロリーの食事が理想的。

オオハネナガインコ

ハネナガインコ属の中では最も大きい品種、噛む力もかなり強いです。個体差にもよりますが一般的におしゃべり上手といわれています。

オオハネナガインコの特徴

  • 生息地:アフリカ全域
  • 性格:陽気・好奇心旺盛・やや気が強い
  • 全長:32cm前後(頭~尾羽の先まで)
  • 寿命:15~20年
  • 値段:250,000円~
気が強いといわれていますが、慣れた人には愛情深いようです。
噛む力は大型インコ並み。

ズグロシロハラインコ

頭黒白腹ズグロシロハラの名のとおり頭部とクチバシが黒く、お腹が白いのが特徴。一般的に陽気で活発で、とても人に慣れやすい品種です。

ズグロシロハラインコの特徴

  • 生息地:ベネズエラ東部・ブラジル
  • 陽気・甘えん坊・好奇心旺盛
  • 全長:32cm前後(頭~尾羽の先まで)
  • 寿命:15~20年
  • 値段:230,000円~
果物が大好きで、リンゴやバナナがあげると喜びます。寒さや寒暖差は苦手。温度管理はしっかりと!

スポンサーリンク

大型のインコ(オウムも含む)

圧倒的な存在感が魅力の大型インコ、50年以上生きるものも少なくありません。寿命・声の大きさ・噛み力が桁外れなので、飼育には住環境や長期的な視点が大切。

大型インコの場合、品種による性格差よりも、個体差によるものが大きいようです。

ヨウム

グレーのボディに尾羽だけが赤いのが特徴で、いぶし銀のようなシブいインコです。おしゃべりが得意で人によく慣れる反面、臆病で神経質な面もあるようです。

ヨウムの特徴

  • 生息地:ベネズエラ東部・ブラジル
  • 性格:内気・甘えん坊・賢い・遊び好き
  • 全長:32cm前後(頭~尾羽の先まで)
  • 寿命:50年~
  • 値段:250,000円~
一旦信頼関係を築いてしまえば、長く付きあえる品種です。でも無視されたり、退屈させると毛引き症なるケースが多いです。

ボウシインコ

上の画像左からキビタイボウシインコ、アオボウシインコ、キエリボウシインコ。ボウシインコの仲間は緑色が基本色で、ポイント的に異なる色が入ります。

ボウシインコの特徴

  • 生息地:中米~南米・ペルー(アオボウシ:南米)
  • 性格:明るい・人なつこい・遊び好き
  • 全長:35cm前後(アオボウシは40cm前後)
  • 寿命:50年~
  • 値段:400,000円~(アオボウシは300,000円~)
一般的にボウシインコの仲間はおしゃべりやモノマネが得意といわれています。人の会話やテレビから自然に言葉を覚えます。

モモイロイン

モモイロインコはオウムの仲間。ふつうオウムの仲間は地味な羽色が多いのですが、美しいピンクの羽の持ち主です。モノマネはあまり得意ではないようです。

モモイロインコの特徴

  • 生息地:オーストラリア全域
  • 性格:明るい・甘えっこ・スキンシップ好き
  • 全長:35cm前後
  • 寿命:40年~
  • 値段:400,000円~
賑やかな鳥なので飼育環境には注意

白色系オウムの仲間

白色系オウムの仲間にはタイハクオウム(上図)、オオバタン、コバタンなどがあります。アメリカではタイハクオウムとオオバタンが人気ですが。

日本ではコバタンが好まれます。コバタンは比較的鳴き声が小さく、日本の住宅事情によるものと思われます。
タイハクオウムの特徴

  • 生息地:インドネシア
  • 性格:のんびり屋・人なつこい・スキンシップ好き
  • 全長:45cm前後
  • 寿命:50年~
  • 値段:300,000円~
鳴き声がかなり大きい

コンゴウインコ

巨大なインコで、日本ではルリコンゴウベニコンゴウがよく知られています。たいへん長生きする品種で、個体によっては100年以上生きるケースもあります。

コンゴウインコの特徴

  • 生息地:南アメリカ
  • 性格:頭がよい・陽気・いたずら好き・遊び好き
  • 全長:84~90cm(ベニコンゴウの方が大きめ)
  • 寿命:50年~100年以上
  • 値段:ルリコンゴウ:350,000円~|ベニコンゴウ:450,000円~
飼い主よりも長生きする可能性がある。いたずら好きなので躾が大切。ストレスからの毛引きにも注意。

まとめ

インコはカラフルでハートフルな生き物です。その感情表現の豊かさ、知能の高さには驚かされます。コンパクトな体でも愛情がいっぱい詰まっているのですね(^_-)-☆

コメント