【インコの行動】しぐさでわかる10の気持ち【本当は?】

インコの気持ちを知るには、どうしたらいの?

インコを飼いはじめて暫くすると、ある特定の仕草をすることに気がつくと思います。

インコはさまざまな仕草や行動で、自分の気持ちを飼い主に伝えようとしてきます。

気分のよいとき、イラっときたときなど、お決まりのポーズで意思表示をします。

スポンサーリンク

インコの行動と気持ち

インコが頭を上下に振るときには機嫌がよい、顔を突き出してクチバシ大きく開けたら威嚇のポーズなど。

それらの行動をみることで、インコの気持ちの一端を知ることができます。

今回は、その中でも代表的なインコの行動をを7つピックアップしてみました。

ストレッチをするとき

朝ケージの覆いを外してあげると、決まってインコが伸び(ストレッチ)をします。

片側の羽と同じ側の脚を同時に伸ばし、そして反対側も同じようにして伸びをします。

ストレッチは「開始行動」の1つと考えられ、これから何かを始めようとするときに見られる行動です。
 

これは、インコにとって大好きな人が現れたときにも見られる行動で、

大好きな人に会えた喜びを表現しているものと思われます。

尾羽をパタパタさせる

尾羽を前後(左右)に素早く振るのは「終止行動」と呼ばれています。

鳥が1つの作業を終えて満足したとき、また次の作業をはじめるときにも見られます。

これは「幸せ行動」の1つで、インコの幸せ度を知る手掛かりにもなります。

ある専門家の話では、インコが尾羽を振る行動はクスクス笑いみたいなものだそうです。

尾羽を広げる

尾羽を最大限に広げる行為は、かなり興奮している状態です。

体を大きく見せることで、自分に敬意を払うことを要求しているときの行動です。

羽をワキワキと震わせる

こちらを見つめながら、体から少し離した羽をワキワキ震わせるのは「おねだり」です。

ケージから出たい、オヤツが欲しい、構ってほしいなど、典型的なおねだりポーズ。

羽をバタバタさせる

羽をバタバタさせるのは、たいていは怒っているときか欲求不満のとき。

自分の気に入らないことが起こったときに、羽をバタつかせて気を静めています。

舌を小刻みに出し入れする

クチバシを半開きにして、舌を出したり引っこめたりする行動。

これは今の状況に満足しているときや、気分のよいときに見られる行動です。

オカメインコなどによくみられ、クチバシをカタカタ鳴らすこともあります。

光彩を収縮させる

インコが光彩を激しく開閉させることを「フラッシュ」と呼んでいます。

フラッシュは、インコの好奇心や興奮が高まったときに見られる行動です。

肩をいからせているときは攻撃のポーズであることも。。そっとしておいてあげましょう。

クチバシをギョリギョリ鳴らす

眠いときに行う行動で、朝起きたすぐに食事ができるようにメンテナンスしています。

体調が悪いとメンテナンスが上手にできず、下クチバシが伸びてしまうことがあります。

メンタル面に問題を抱えていることもあるので、専門医に相談するのがよいでしょう。

首や顎ゆっくりをかく

ヒマなときやで寂しいとき、飼い主に構ってほしいときにみせる行動といわれています。

ボーとした素振りで片足を上げたり、ボワっと首の羽を膨らませて気を引こうとします。

顔を羽に埋める

後ろを向いて背中の羽の中に顔を埋めるときは、寒いときや病気のときに見られる行動。

温度管理に問題がなければ、病気の可能性があるので専門医に相談しましょう。

スポンサーリンク

インコの行動を記録しよう

インコの気持ちを知るうえで大切なのは「何をしたら、どんな行動が現れた」のかです。

簡単なものでいいので「観察日記」みたいなものを書いておくとよいと思います。

インコに問題行動が現れたときや、病気のときなどにも必ず役に立ちます。

 
セキセイインコの威嚇行動!なんでいつも不機嫌なの?

まとめ

鳥は喜怒哀楽を隠すことができず、何らかの行動で直接表現します。

その行動を観察することで、インコの気持ちの一端を知ることができます。

より気持ちを知るためには、観察日記をつけるのがよいと思いますよ(^_-)-☆

 
【オス】インコの性別の違いで性格はどう変わる?【メス】

スポンサーリンク



スポンサーリンク



1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です