【いつから】インコのヒーターおすすめは?【冬の温度管理】

インコ用のヒーターっていろいろあるけど、どれがよいの?

そもそもインコにとっての適温ってどのくらいなの?

というワケで、インコ用のヒーターなどについて調べてみました。

スポンサーリンク

インコの適温について

多くのインコは暑い国が出身で寒さに弱い印象がありますが、意外に寒さに強いです。

ただし、インコが初めて冬を迎える場合には、やはり保温は必要だと考えています。

またヒナや老鳥、体不調のときには保温してあげるできですね。

インコにとっての適温は、冬場15℃以上・夏場30℃以下がよいといわれています。

羽毛を膨らませていたら寒いときのサインなので、しっかりと保温してあげましょう。

一般的に、寒さよりも夏場の熱中症対策の方が重要だといわれています。

北海道でセキセイインコを飼っていましたが、とくに保温することなしに過ごせてました。

道内の住宅そのものが断熱に優れているというのもあるんですが(^^ゞ

インコのヒーターの種類

代表的なインコ(ペット)用のヒーター4つ

  1. パネルヒーター:ケースの底やケージの側面に取付けるタイプ
  2. 保温電球:40ワットの電球にカーバーをつけたペット用の電球
  3. セラミックヒーター:光を出さずに遠赤外線で温めるタイプ
  4. フィルムヒーター:一般的には爬虫類飼育

 
保温電球やセラミックヒーターを使うときは、サーモスタットと組み合わせるのが一般的。

それらのカバーはかなり熱くなるため、近くに可燃物などを置かないようにしましょう。

いきなりケージ内に保温器具を設置すると、インコが恐がってしまうことも。

安全面なども考えると、ケージ内に保温器具を入れるのはリスキーですね。

ケージの外にマグネットで取付けことのできる「赤外線ヒーター」がオススメです!

スポンサーリンク

部屋全体を温めるのがよい

ピンホイントでケージを保温するより、部屋全体を温めた方がよいです。

手っ取り早いのはエアコンを使うこと。最近のエアコンは意外と電気代がかかりません。

冬場であれば18℃ぐらいに設定して、24時間稼働しっぱなしにしておきます。

脱衣場などに500Wのセラミックヒーター(人間用)を設置して、夜間だけケージを移動するのも方法ですね。

ちなみに500W程度のセラミックヒーターなら、20円/1h以下のコストです。

ケージ内に保温器具を設置するよりも、こちらの方が安全だと思います。

まとめ

ケージ内に保温器具を設置するときは、引火やペットの火傷に注意すること。

個人的には、ケージの外に取付けることができるタイプのものがオススメ。

エアコンを使うときは、風が直接ケージにあたらないように配慮しましょう!

スポンサーリンク



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です