【要注意】インコの連続あくびに潜む3つの病気

インコのこと

インコがあくびばかりする。かなり気になる

スポンサーリンク

インコのあくびが連続する病気

インコだって眠いときにはあくびをします。日に数回程度なら問題ないのですが、日に日に増えてくるようなら病気の疑いがあります。

それでインコのあくびに関係する代表ていきな病気を3つピックアップしてみました。

そ嚢炎によるもの

インコ(鳥類)には食道の途中にのうと呼ばれる袋状の器官があります。インコが食べたものは一時的にそ嚢に溜められ、少しずつ胃に送られます。

そ嚢自体には消化能力はありませんが、食べ物をふやかす働きがあるといわれています。湿度や温度が細菌の繁殖に適していてるので炎症を起こしやすいようです。

そ嚢が炎症を起こすことでそ嚢炎そのうえんになり、もたれ感などがあると、あくびや吐き気といった軽い症状が現れます。

症状が進むと首を振りながら内容物を吐きちらかしたりします。かなり細菌が繁殖しているときは臭いです。

パンやご飯などをインコが食べることで発症することが多いようですね。

トリコモナス感染症によるもの

そ嚢にトリコモナスという寄生虫が感染すると、違和感から生あくびや吐き気などの症状が現われるます。

おもな感染経路は、感染している親鳥の吐き戻しや、感染鳥のフンなどです。おとなのインコに比べ、免疫力の弱い雛に見られる傾向があります。

トリコモナス感染症はブンチョウなどによく見られる傾向がありますが、オカメインコにも感染することが知られています。ちなみにインコのトリコモナスは人に感染することはありません。ご安心を!

甲状腺の病気によるもの

インコの甲状腺はそ嚢の下にあって、甲状腺が腫れると食道が圧迫されてそ嚢が大きくなります。さらに気道が圧迫されて呼吸がしづらくなると、連続したあくびのようにみえる場合もあります。

『甲状腺腫』はセキセイインコや文鳥に多くみられ、開口呼吸、空を見上げるような姿勢、鳴き声の変化などの症状として現れます。

スポンサーリンク

まとめ

インコ(鳥類)は少しくらいの体調不良があったとしても表には出しません。気付いたときには病状が深刻化しているケースが多ので、様子見はNGです。

愛鳥のあくびの回数が増えたときは、迷わず専門医に相談しましょう。

コメント